教員とスタッフ
Faculty and Staff

インストラクター Instructor

ニール・パワーズ Neal Powers
日本ロルフ身体構造統合協会(JISI) 顧問
ヨーロッパGSI(EGSI)顧問
ロルフ研究所(RISI)元所長
ロルフ・インストラクター

1971年にアイダ・ロルフ博士のもとでストラクチュラル・インテグレーション(S.I.)を学び始める。ロルフ博士の没後、ロルフ研究所で6年間所長を務め、教員として指導も行う。1981年からS.I.を教え、また長年、サンフランシスコで個人セッションを提供している。
S.I.の原理と理論を明確に、分かりやすく伝える能力に長け、素晴らしいユーモアのセンスや、人間に対する深い理解と愛情によって、これまで多くのプラクティショナー達の道を照らす光となってきた。

彼の最大のギフトは、その個性、独自性である。教育の場では、ロルフ博士のワークを学ぶ生徒たちに、献身的でひたむきな姿勢を示し続けている。現在はヨーロッパ(EGSI)と日本(JISI)でストラクチュラル・インテグレーションを教え続けている。

ニルス・シルベイラ写真
ニルシー・シルベイラ Nilce Silveira
日本ロルフ身体構造統合協会(JISI) 顧問
ブラジル国際SIスクール(ISSI)理事長
ヨーロッパGSI(EGSI)顧問
ロルフ・インストラクター

ブラジル、サンパウロ生まれ。心理学の学位を取得した後、ストラクチュラル・インテグレーション(S.I.)に出会う。S.I.が人間の精神に著しい影響を及ぼすことを目の当たりにし、衝撃を受ける。 それがきっかけで、米国ロルフ研究所でロルファーとなり、卒業後は同研究所で心理学とボディー・アウェアネスのクラスを指導。また、母国ブラジルでは、ブラジル・ロルフィング協会(ABR: Associação Brasileira de Rolfistas)の創設メンバーの一人として、ブラジルにおけるロルフィング教育の普及に尽力する。

その後、ピーター・メルキュア、エメット・ハッチンズ、ニール・パワーズなど、ロルフ博士が指名した教師達と共に長年に渡りベイシックとアドバンスのクラスを指導する。現在は、ブラジルで学校を主催し定期的にクラスで指導しながら、世界中を旅して教える。プラクティショナー達の理解を深めること、そして、ロルフ博士の伝統的な教えとオリジナルなワークを保存し次の世代へと伝承することに情熱を注いでいる。

Yasutaka Okada写真
岡田 靖隆 Yasutaka Okada
日本ロルフ身体構造統合協会(JISI)創設者、理事長
ロルフライン ジャパン 代表
ロルフ・インストラクター

幼少期より、人間や生物、自然など、森羅万象の背後にある 「創造する力」 に関心を抱いていた。青年期の心身の不調をきっかけに、自然療法や手技療法、ボディワークを探求し、オステオパシー、ヨガ、武術、瞑想などを体験する中で、ロルフメソッドと出会う。10回のセッションを受ける過程で、長年に渡る心身のもつれが次々とほどけてゆくことに感銘を受け、ロルフ・プラクティショナーを志す。

2000年より、ピーター・メルキュア、エメット・ハッチンズ、ニール・パワーズ、トム・ウイング(敬称略)などロルフ博士が指名した教師達に師事し、伝統的なロルフメソッドを学ぶ。プラクティショナーとして国際認定を受けた後、地元岸和田市で開業し、個人セッションの提供を開始。2007年からは、日本における日本人のためのロルフ・プラクティショナー養成コース「ORT」を設計。定期的なコース開催を実現し、国内におけるロルフメソッドの普及に貢献する。

2016年、エメット・ハッチンズ、ニール・パワーズにより正式に承認され、日本人初のインストラクター(ロルフSIプラクティショナーを養成する教師)となる。2018年、日本ロルフ身体構造統合協会(JISI)を創設、理事長に就任。伝統的なロルフ博士のワークに内包されている、人間の潜在的な可能性への信頼と祝福を、会員や学生たちと分かちあっている。

アシスタント・インストラクター Assistant Instructor

岡田 眞由美 Mayumi Okada
日本ロルフ身体構造統合協会(JISI)共同創設者、副理事長
アシスタント・ロルフ・インストラクター
 
江元 和博 Kazuhiro Emoto
日本ロルフ身体構造統合協会(JISI) 理事
アシスタント・ロルフ・インストラクター
理学療法士
 
酒道 啓介 Keisuke Shudo
日本ロルフ身体構造統合協会(JISI) 理事
アシスタント・ロルフ・インストラクター

通訳 Interpreter

市場 義人 Yoshito Ichiba  
Return Top